Paper Items紙製品のご提案例ノベルティ|日本橋三越本店 様|ノート

2020.04.05

多田 智

毎年一回、国内外のブランドが一堂に会する万年筆の祭典。それが日本橋三越本店様で行われる「世界の万年筆祭」。19回開催のノベルティをご依頼いただきました。手のひらサイズの小さいノート。背中には糸がアクセントになるように綴じています。エンボス加工された高級感ある用紙を表紙にしてレッド、ブルー、クリームの3色。書き味も滑らかな用紙を採用しました。シンプルながら上品な佇まいが魅力です。

この案件に関わった人

多田 智神戸で印刷営業職を経験後、2014年に活動拠点を東京に移す。現在、神戸発の文具ブランド〈神戸派計画〉のマネージャー・企画室課長。紙製品をメインとした販売企画やモノ系雑誌などのメディアにも度々登場することから広報宣伝が得意。自社ブランドの運営以外に他社ブランドと連携し、百貨店などで店舗ディスプレイや販売アドバイスまでも提案する。2020年にオフィス兼ショップを表参道に構えて、自社ブランドのマネージメントをしつつ、OEMやノベルティの提案・製造を数多く手掛ける。