Profileプロフィール

川崎 和也
文具ブランド〈神戸派計画〉を運営する企画室のディレクター。印刷営業職を経て、2011年11月に〈神戸派計画〉をスタート。デザイナーと350商品以上の商品企画から製造・販売・商品管理までを担当した経験をもつ。2012年グッドデザイン賞、2015年日本文具大賞機能部門グランプリを受賞。現在は神戸・三宮に拠点を移す。中小企業向けのOEMやノベルティの提案・製造を手掛ける。同時に中小企業の商品開発に関わりサポートも行っている。
》川崎和也の実績一覧

藤井 和博
10年以上の経験をもつ印刷営業マン。冊子やカタログといった紙媒体はもちろん得意としているが、紙以外の素材も積極的に取り入れて立案できる営業を展開中。数多くの業者と連携し、木工・アクリル・レザーなどの素材からOEMやノベルティ商材を提案し、イベントのディレクションも手掛ける。また神戸の北東部にある北区出身で、地元企業や団体の技術や豊富な地域資源を活性できるプロモーションにアドバイザーとしても活動している。
》藤井和博の実績一覧

多田 智
神戸で印刷営業職を経験後、2014年に活動拠点を東京に移す。現在、神戸発の文具ブランド〈神戸派計画〉のマネージャー・企画室課長。紙製品をメインとした販売企画や広報宣伝に地力を入れており、モノ系雑誌などのメディアにも率先して登場する。自社ブランドの運営以外に他社ブランドと連携し、百貨店などで店舗ディスプレイや販売アドバイスまでも提案する。2020年に〈神戸派計画〉のオフィス兼ショップを表参道に構えて、自社ブランドのマネージメントをしつつ、OEMやノベルティの提案・製造も手掛ける。
》多田智の実績一覧