Mediaメディア掲載・出演神戸新聞|2020.12.23朝刊|記事掲載

2021.02.10

川崎 和也

神戸新聞の朝刊に川﨑が取り上げられました。在宅ワークが増える中、快適な空間をつくる「収納」の重要性に気付いたという川崎。

そこで整理収納アドバイザーの小松由佳さんのプロデュースを受けて、「整理収納が簡単にできるバッグ」を目指し、ハンドメイドバッグブランドAGHARTA(アガルタ)の泉谷憲治さんの手によって「S.tote(エス・トート)™」を完成させました。

たくさんの反響があり、これからも共感をいただける仕事をしていきたいと語っていました。

「S.tote|エス・トート™」はオンラインショップ〈神戸派商店〉限定の取扱品です。

この案件に関わった人

川崎 和也文具ブランド〈神戸派計画〉を運営する企画室の課長・文具雑貨ディレクター。印刷営業職を経験後、2011年11月、印刷会社内に〈神戸派計画〉を立ち上げる。デザイナーと350商品以上の商品企画から製造・販売・管理までのすべてを担当。2012年グッドデザイン賞、2015年日本文具大賞機能部門グランプリを受賞。マネージメント業務を後輩にバトンタッチ後、現在は神戸・三宮に拠点を移す。中小企業向けのOEMやノベルティの提案・製造を手掛ける。同時に中小企業の商品開発のサポートも行っている。